ショートメッセージ
 
  
教 会 案 内 牧 師 紹 介 定 期 集 会 特 別 集 会
定 期 メ ッセージ  シ ョ ー ト メッセージ 福 音 の 話
行   事 教 会 新 聞 掲 示 板 リ ン ク 事 務 室

   教会では、毎週木曜日に聖書研究会が行われます。

   その集会でクリスチャンのため語られた

              学びのメッセージを、 短くまとめたものです。


 



クリスチャンが栄光の体に復活する時

ーいつも全力を注いで主の業に励むー



 第Ⅰコリント15章51節では、「あなた方に奥義を告げましょう。私たちは皆、

眠ってしまうのではなく、終わりのラッパの響きと共に、(まばた)きする瞬間に、一瞬に

して変えられるのです」とあります。この「終わりのラッパの響き」が起こる時とは、

いつのことでしょうか? これは第Ⅰテサロニケ4章15~16節では、主の再臨の時に

「主御自身が号令と御使いの頭の声と絶対主のラッパの響きによって天から下って来ら

れ、キリストにあって死んだ人々が最初に甦りそれから生き残っている私たちが

彼らと共に雲に包まれ、主の出迎えのために空中に引き上げられるのです」と詳細に

記されています。これは、コリントに記されている内容と一致しています。即ち「終わり

のラッパの響き」とは、キリストが再臨されるときに、絶対主のラッパの響きが起ること

を指します。その時に眠っていた者が最初に復活し、次に生き残っていたクリスチャンが

天に引き上げられ、変えられる
のです。この順序は第Ⅰコリント15章23節で、キリ

ストの再臨の時、眠った人々の甦りの順序が明記されており、マルコの福音書にも「人の

子は
栄光と偉大な軍勢を従えて、数々の雲に乗って()って来るのを人々は見ます。

そして、その時人の子は御使いたちを遣わして、地の果てから天の果てまで、四方から

彼の選びの民を集めます
」(マルコ13:26~27)とあります。こうして、御言葉に

は、最後まで患難時代を通った「勝利を得たクリスチャンたち」は、患難時代の終わりに

携挙され、主の再臨の時に栄光の体に変えられ、御霊の体を貰うのです。なぜなら、

「ラッパが吹き鳴らされると、死者は朽ちない者に復活し、私たちは変えられるのです。」

と52節にあるからです。これで、明確に言えることは、絶対主の終わりのラッパが響く

主の再臨の時に、今のクリスチャンは死を見ずして一瞬に天に引き上げられ、変えられる

可能性があるということです
そして、数々の雲に乗ってやってくる偉大な軍勢の先輩

たちのクリスチャンたちと会うのです。そして、諸国民を打つため、イエス様に付き従う

のです。ですから、この望みの故に、堅く信仰に立って、動かされることなく、いつも

全力を注いで、主のわざに励みなさい
。しかし、それは、あなた方の労苦が、主にあって

無駄にならない事を知っているのですから
」とあります。この世にあって努力すること

も大切です。しかし、この世のことは、死を持って全ての労苦は消えていきます。

しかし、主のために労することは、永遠に消えることはありません。その報いは、死は

勝利に飲み込まれ、御霊の体に復活して、天の栄光の形に預かる事です。ですから、

クリスチャンは、決して負け犬で終わることはありません。たとえ、この世では取るに

足りない者でも、絶対主のために地道(じみち)に労していった労苦は、天で大きな報いを得る

のです。ここで最後に、すごい奥義を告げましょう。第Ⅰコリント15章41~42節に

「太陽の栄光があり、月の栄光があり、星々の栄光があります。その星と星との間にも、

栄光の差があります死人の復活も、またこれと同様です」とありますが、これはどう

いうことでしょうか?それは、労苦の差によって天での栄光の差があると言うことです。

労苦の差とは何でしょうか?それは、信仰の謙り(へりくだ)から出てくる絶対主への熱き心

です
。それは、単なる労働による汗をかいた労苦ではありません。謙り(へりくだ)の心が伴う

信仰の汗をかいた労苦です。それは、目に見える働きの善し悪しでは決まりません。

ただ 絶対主への熱き心で決まります。これなら、皆同じ競争ラインに立てます。

だからこそ、空を打つような拳闘ではなく、本物の賞を獲得するために走るのです。

これこそ、「いつも全力を注いで、主のわざに励む」意味があることなのです。

  


                           

  2020年   
  NO.725
『コリントの被り物の件から、
自分に都合の良い信仰ではなく、
絶対主に良い信仰の在り方について』
 
 NO.724
『信じる当事者になるための心の決断』
 NO.723
『心の献身』
NO.722
『「罪を犯さないためです」の真意』
 
 NO.721
『信仰の高嶺を目指して』
NO.720
『肉の真面目さと、霊の真面目さの違い』
 
 NO.719
『喜びを失うクリスチャン』
NO.718
『患難前携挙説の起源』
  
NO.717
『絶対主の計画とルシファーの妨害』
 
NO.716
『達成感を味わう前向きな生き方』
 
NO.715
『罪を認めるとは、自首する心と同じ』
 
NO.714
『絶対主と繋がる無条件降伏』
 
 NO.713
『勝利を得る聖徒の報い』
NO.712
『クリスチャンの信仰の土台』
 
 NO.711
『死ぬことのない命』
 NO.710
『律法と恵みについて』
NO.709
『空っぽの器に油は注がれる』
 
NO.708
『絶対主を本気で信じる信仰のあり方』
 NO.707
『真理の二面性』 
 NO.706
『映画 アルキメデス
(戦艦大和)より』
 
  2019年   
    NO.705
『よい子であろうとする罠』
 
 NO.704
『映画「沈黙」より』
 
  NO.703
『感情によらず、
理屈に基づく信仰の在り方』
 NO.702
『乗っかかる生き方の極意』
 NO.701
『絶対主の側に乗っかった人生』
NO.700
『聖書の悔い改めとは』
 
 NO.699
『変わらない肉の性質』
 NO.698
『クリスチャンの生きる目的は何か?』
NO.697
『人よりも絶対主の権威に従うべきです』
 
NO.696
『成長したクリスチャンの
信じる生き方とは』
 
 NO.695
『武士道に通じる絶対主への信仰』
 NO.694
『666の陰謀』
 NO.693
『絶対主と繋がる心とは』
 NO.692
『明治維新の謎と西欧主義の弊害』
NO.691
『民主主義の罠』 
NO.690
『二股を掛(か)けた信仰』  
NO.689
『信じる事は全面的に信頼すること』 
 NO.688
『従属を嫌うサタン』
NO.687
『イエス様の完全な従属』 
NO.686
『信仰の本音に立てない理由』 
NO.685
『主に明け渡す決断』 
NO.684
『地獄の扉を開く(かたく)なさ』 
NO.683
『クリスチャンの意志の用い方と決断』 
 NO.682
『悪魔の入れ込んだ反発の種』
NO.681
『迷いのないクリスチャン生活を
送るために』
 
  NO.680
『絶対主のために生きる』
  NO.679
『悔い改めて絶対主に立ち返れ』
NO.678
肉的な真面目さと
霊的な真面目さの違い』
 
 NO.677
『ローマ書の結論
自分を義とする種は、自分にはない
 NO.676
『絶対主の意図に(かな)った人生』
 NO.675
相手の心を()む心遣い』
 NO.674
『創られたものは
創った方の意図に反すれば壊される』
 NO.673
『絶対主の天地創造の目的
「聖なる都、新しいエルサレム」』

-part2-
  NO.672
『絶対主の創造の目的』
-part1-
 NO.671
『感情に働く魔物を退ける方法』
NO.670
『感情に働く魔物
 
NO.669
閉じられた系から開かれた系へ
 
 NO.668
メッセージを実践していく祈り
 NO.667
人の命は自分のものか?』
NO.666
『天国と地獄を分ける心のあり方 
 NO.665
『地上の残りの生涯は、絶対主のみこころの為に生きる 
 NO.664
『わが心定まれり(詩篇57:7) 
正しい決断の仕方について
  NO.663
『今日まで続く
ジョージ・ミュラーの信仰
NO.662
悔いし砕かれた心の定めとは』
 
 NO.661
『心の蓋を取る
NO.660
『砕かれた心とは 
  2003年~2018年  
2003年ショートメッセージ 2004年ショートメッセージ 2005年ショートメッセージ
2006年ショートメッセージ 2007年ショートメッセージ 2008年ショートメッセージ
2009年ショートメッセージ 2010年ショートメッセージ 2011年ショートメッセージ
2012年ショートメッセージ 2013年ショートメッセージ 2014年ショートメッセージ
 2015年ショートメッセージ 2016年ショートメッセージ  2017年ショートメッセージ 
2018年ショートメッセージ     


     
 *メニュー
      * 教 会 案 内
      * 牧 師 紹 介
      * 定 期 集 会
      * 特 別 集 会
      * 定期メッセージ
      * ショートメッセージ
      * 福 音 の 話
      * 行       事
      * 教 会 新 聞
      * 掲  示  板
      * リ  ン  ク
      * 事  務  室