教 会 案 内 牧 師 紹 介 定 期 集 会 特 別 集 会
定 期 メ ッセージ  シ ョ ー ト メッセージ 福 音 の 話
行   事 教 会 新 聞 掲 示 板 リ ン ク 事 務 室



   教会では毎週日曜日に礼拝が行われま
す。

 それは私たちが絶対主(神)を誉め称える時です。

 又、聖書の中からお話しがあります。

 その中で毎週更新されるメッセージをご覧下さい。



                                            2020年7月19日
 
絶対主に心を寄せ、絶対主に繋がる生き方

第Ⅰコリント11:2~16



(起)
第Ⅰコリント11章の女性の被り物についての御言葉から、「絶対主の意向を忖度(そんたく)し考え、

絶対主に心を寄せ、絶対主に繋がる生き方をして行く」ことを学んで行きたいと思います。



(承)さて、5~6節を見ますと、「女が祈りをしたり、預言をしたりする時、頭に被いを着け

ないなら、自分自身の(かしら)(はずかし)めることになります。というのは、それ自体が、髪を剃られて

いることと全く同じだからです。もし女が被いを着けないなら、髪を切ってしまいなさい。

しかし、髪を切ったり剃ったりするのが、恥ずべき事であるなら、被いを着けるべきです」とあり

ます。何故パウロはこのような勧めをしたのでしょうか。それは、絶対主が創造の秩序を重んじる

方であった為、その絶対主の意向に沿って語ったからです。どういうことかと申しますと、創造の

初め、絶対主は
々の如くに人を造ろうと言われ、男(アダム)を造られましたそして、

「アダムが一人でいるのは良くない。彼と向き合うふさわしい助け手を造ろう」と言われ、
アダム

を眠らせてあばら骨を一つ取り、女(エバ)を造られました
このように、男は直接的に絶対主

によって造られ
絶対主の栄光と形を与えられましたが、女は男を基に、男の助け手として造ら

れました。だから、
「女は男に属する者」(7節)であり、決して男と女は対等ではありません

しかしながら、現代は「男と女は対等」という意識が当たり前で、「女は男に属する者だから、

女は男に従う」という感覚がありません。学校でも男女一緒に勉強し、もし男よりも女の方が成績

が良ければ、女が褒められ、評価を受ける時代です。だから、「男と女は対等ではない」と言われ

ても、現代の私たちの感覚ではピンと来ません。しかし、どこまでいっても絶対主の意識の中

は、男は絶対主の栄光と形を持つ者女は男に属する者という区別があるのです。

パウロは、この絶対主の意向を汲んで、「女が祈りをしたり、預言をしたりする時は被いを着ける

べきです」と勧めているのです。



(転)しかし、これは義務感ですることではありません。なぜなら、クリスチャンはキリスト

によって律法から解放されているからです。絶対主は、イエス・キリストの十字架を通して、

「もう律法の(もと)に人を置かない。律法によって人を裁くことはしない」と言われました。

ですから、女性の被り物についても、律法に基づくものではありませんので、義務感でする必要は

ありません。だから、ここで重要なのは、「絶対主の意向を汲む心があるかどうか」なのです。

すなわち、
「男女は対等ではない」という創造の秩序を重んじる絶対主の意向を汲み絶対主に

心を寄せて来るかどうかを、絶対主は上から見ておられるのです。
もし、絶対主の意向を汲んで、

女性が謙っ(へりくだ)た心を持って被り物を着けているのなら、その姿を上から見られた絶対主は慰め

を受けます
そして、そのほかに上から見ているのは、御使いたちです。御使いたちは、絶対主

の指示に従って人間を助けるという役割が与えられていますので、いつも上から人間を見てい

ます。その時に、
もし絶対主の意向を汲んでいる人間の姿を見たら、御使いたちも心安らぐはず

です。
女は、御使いたちのために、頭の上に持つ権威を、表す義務があります(10節)と

書いてあるのは、そういう意味です。だから、ここでパウロが語っていることは決して律法では

ありませんが、「絶対主の前に出る時は、絶対主の気持ちを忖度(そんたく)して考え、女性は被り物を

着ける謙り(へりくだ)をもつべきだ」ということなのです。



(結) 私たちは絶対主によって造られた者ですから、私たちの方から絶対主に心を寄せ、絶対主

の意向を汲んで行くのは当たり前のことです。それだけでなく、私たちは生まれながらに罪人で、

本来なら捨てられても当然の者でした。しかし、そんな者に対して絶対主は心を使って下さり、

もう一度絶対主に繋がる道を開いて下さいました。ですから、私たちはこの恵みに預かる者と

なったのですから、むしろ自分の気持ちや自分の感情を優先するのではなく、どこまでも絶対主

の意向を第一にして、歩んで行くべきではありませんか。
いつまでも頑なになって、「私はそうは

思いません」とか、「私はそうしたくありません」という心を持ち続けるのは間違っています。


それも自由だと言えばそうなのかもしれませんが、私たちはこの世で命を閉じて終わる者ではな

く、絶対主との永遠の交わりの中に入れて(いただ)く者です。ならば、今の自分の気持ちや自分の

感情ではなく、絶対主の気持ちを汲んで、絶対主の意向に合わせて生きて行こうとするのが、

信じた者の真心ではないでしょうか。この心を動かして、初めて私たちは絶対主と繋がるのです。

どうか、どこまでも絶対主に心を寄せ、絶対主に繋がる生き方を始め出しましょう。
  

  

                 

 定期メッセージは他にもあります。

下記のメッセージのタイトル(下線)をクリックしてください。


  2020年    
NO.657
「信じる当事者になるための決断は、
自分に根拠を置かず、絶対主に日々
信頼していく信仰である」

2020年7月12日
 
 NO.656
「絶対主を信頼し、絶対主に対して
心溢れる信仰を全うしていく」

2020年7月5日
 NO.655
「罪深い自分に幻想を抱かないで!」
2020年6月28日
 
NO.654
「信仰の勝利者となるために、
トコトン絶対主に頼って行く」

2020年6月21日
 
NO.653
「信仰の高嶺に向かって」
2020年6月14日
 
 NO.652
「トコトン絶対主に頼って行く
純な信仰」

2020年6月7日
 NO.651
「信仰の従順に至る行いの勧め」
2020年5月31日
NO.650
「救われた罪人の特徴と、
御霊による歩み」

2020年5月24日
 
NO.649
「信仰による救いと
信じた者の正しい歩み」

2020年5月17日
 
NO.648
「主を信じ仰ぐ心を守り通す」

2020年5月10日
 
NO.647
「信仰のパラダイム転換・空っぽの器」

2020年5月3日
 
NO.646
「心の王座を変える」

2020年4月26日
 
 NO.645
「聞く耳のある者は聞きなさい」

2020年4月19日
 NO.644
「コロナ疫病と患難時代」

2020年4月12日
 NO.643
「死に至るまでもいのちを惜しまず」

2020年3月29日
NO.642
「霊的な達成感を味わっていくために」

2020年3月22日
 
NO.641
りの心を持って」

2020年3月15日
 
NO.640
「落ちきった者として、
大胆に踏み出す」

2020年3月8日
 
 NO.639
「もはや自分のためではなく、
キリストのために」

2020年3月1日
 NO.638
「絶対主に受入れられた者」

2020年2月23日
NO.637
「一途な心で信じ続ける」

2020年2月16日
 
 NO.636
「絶対主に出来ないことはない」

2020年2月9日
NO.635
「たとえ理屈に基づかなくとも」

2020年2月2日
 
NO.634
「絶対主を信じ続けて行く」

2020年1月26日
 
 NO.633
「絶対主を信じるのは当たり前」

2020年1月19日
NO.632
「信じる事が当たり前の信仰」

2020年1月12日
NO.631
「新しい見方・考え方を、
新しい革袋に入れて」

2020年1月1日
  
  2019年   
     NO.630
「絶対主の前に遜った心で」

2019年12月22日
 
 NO.629
「自分の弱さを認めて」

2019年12月15日
NO.628
「絶対主に乗っかかった信仰の在り方」

2019年12月1日
 
NO.627
「心を入れ替えて、
自我を正しく使う」

2019年11月24日
 
 NO.626
「空っぽの器だと認めて、
御霊の力を求めて行く」

2019年11月17日
NO.625
「絶対主の意向を実現して行く生き方」
2019年11月10日
 
NO.624
「願望は苦き胆汁」
2019年11月3日
 
 NO.623
「駄目な自分は棚上げにして、絶対主に頼って行く」

2019年10月27日
 NO.622
「信仰は、自分の肉の我を砕くところ
から始まる」

2019年10月20日
NO.621
「肉の思いから離れ、絶対主に懸けて行く」

2019年10月13日
 
 NO.620
「反発する心を折って従う」

2019年10月6日
NO.619
「他力本願の生き方」

2019年9月29日
 
NO.618
「反抗心を出すことを止める」

2019年9月22日
 
 NO.617
「絶対主を根拠にした生き方にチェンジ」

2019年9月15日
 NO.616
「絶対主に信頼する世界に
両足を入れて」

2019年9月8日
NO.615
「どこまでも絶対主に頼って」

2019年9月1日
 
 NO.614
「絶対主に対して心をオープンに」

2019年8月25日
NO.613
「絶対主の栄光だけが表される事を
願って」

2019年8月18日
 
NO.612
「リスクを負う覚悟」

2019年8月11日
 
 NO.611
「私たちの肉は負けてもいい」

2019年8月4日
 NO.610
「私たちの自由を如何に使って行くか」

2019年7月28日
NO.609
「反抗心を止め、心を開いて悔いし
砕かれた心を持つ」

2019年7月21日
 
 NO.608
「反発の心から離れて絶対主に従う」

2019年7月7日
NO.607
「聖書は正しい。絶対主は正しい。」

2019年6月30日
 
NO.606
「絶対主に大胆に近づいて」

2019年6月23日
 
 NO.605
「絶対主の為に生きていく心の転換」

2019年6月16日
 NO.604
「新しい創造の生き方へ」

2019年6月9日
NO.603
「絶対主の側の人間として、
物事を理屈で考える」

2019年6月2日
 
 NO.602
「ローマ書の真理」の解き明かし」

2019年5月26日
NO.601
「信仰の従順の世界に入る」

2019年5月19日
 
NO.560
「絶対主の前に
ありったけの心を注いで」

2019年5月12日
 
 NO.599
「絶対主にあって物事を考えていく」

2019年5月5日
 NO.598
「信じる心の行動は、
相手の心を汲むところから」

2019年4月28日
NO.597
「信じる心の実を表す」

2019年4月21日
 
NO.596
「絶対主のこだわりの上に
自分の信仰を積み上げていく」

2019年4月14日
 
 NO.595
人間の救いは絶対主の為」

2019年4月7日
NO.594
「真剣な信仰の歩みの中で」

2019年3月31日
 
 NO.593
「絶対主に信頼する心」

2019年3月24日
 NO.592
「絶対主の考えに沿った生涯」

2019年3月17日
 NO.591
「行いの伴った信仰」

2019年3月10日
 NO.590
「自分の考えを引っ込めて」

2019年3月3日
NO.589
「命も心も絶対主のもの」

2019年2月24日
 
 NO.588
「絶対主の前に完全にお手上げ」

2019年2月17日
NO.587
「自分の罪を認め、主に頼り最後まで
従っていく」-二人の強盗より-

2019年2月10日
 
 NO.586
「わたしの心は定まりました」

2019年2月3日
 NO.585
「絶対主の前に降参する」

2019年1月27日
 NO.584
「心の(ふた)を開けて」

2019年1月20日
NO.583
「心の立ち位置を変えて」

2019年1月13日
 
NO.582
「絶対主が言われるならそれで
いい」

2019年1月6日
 
  2003年~2018年   
    2018年礼拝メッセージ 
2017年礼拝メッセージ  2016年礼拝メッセージ   2015年礼拝メッセージ
2014年礼拝メッセージ 2013年礼拝メッセージ 2012年礼拝メッセージ 
 2011年礼拝メッセージ  2010年礼拝メッセージ 2009年礼拝メッセージ
2008年礼拝メッセージ 2007年礼拝メッセージ 2006年礼拝メッセージ
2005年礼拝メッセージ 2004年礼拝メッセージ  2003年礼拝メッセージ 


絶対主のことばは生きていて、力があり、

両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、
                              
関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、

心のいろいろな考えやはかりごとを

判別することができます。

          【ヘブル4:12】
 
 *メニュー
      * 教 会 案 内
      * 牧 師 紹 介
      * 定 期 集 会
      * 特 別 集 会
      * 定期メッセージ
      * ショートメッセージ
      * 福 音 の 話
      * 行       事
      * 教 会 新 聞
      * 掲  示  板
      * リ  ン  ク
      * 事  務  室