教 会 案 内 牧 師 紹 介 定 期 集 会 特 別 集 会
定 期 メ ッセージ  シ ョ ー ト メッセージ 福 音 の 話
行   事 教 会 新 聞 掲 示 板 リ ン ク 事 務 室



   教会では毎週日曜日に礼拝が行われま
す。

 それは私たちが絶対主(神)を誉め称える時です。

 又、聖書の中からお話しがあります。

 その中で毎週更新されるメッセージをご覧下さい。



                                            2020年12月20日
 
『遜り、悔いし砕かれた心を持って』

第Ⅰテサロニケ4:1~8


(起)第Ⅰテサロニケ4章の御言葉から、先週に引き続き、「遜り、悔いし砕かれた心を持って、

イエス・キリストの贖いに懸けて行くこと」を学んで行きたいと思います。



(承)さて、3節を見ますと、「絶対主の御心は、あなた方が聖潔に至ることです」とあり

ます。それは、7節を見て行きますと、「絶対主は私たちを汚れのためではなく、聖潔の中に召し

たからです」とあります。私たちが、信じたばかりの頃は、このような聖書の箇所を読むと、

「自分も信じたのだから、信じた以上はこのような聖い人間にされるはずだ」という期待感を抱き

ました。ところが、
何年経っても、生まれながらの罪深い自分自身は変わらず、今現在も罪は

全く消えていません。
ということは、私たちはイエス様の贖いを信じたからといって、この地上

で聖い人間になった訳ではありません。すると、私たちは絶対主の御心の中に歩んでいないこと

になり、8節には、「これらの警告を拒むことは、絶対主を拒むことです」ともありますので、

これを読めば、たとえクリスチャンになったといえども、誰一人「自分は御国に行けます」と確信

を持って言える人はいないということです。



(転)では、クリスチャンは確信のない中で信じていくのでしょうか? すると、クリスチャン

の歩みは、どのように 生きて行けば良いのでしょうか。今、聖書から教えられていることは、

「絶対主は、砕かれた悔いし心を軽しめられない」ということです。しかし、はっきり言って、

それが御国に繋がるとは聖書に書いてありません。でも、これ以外に絶対主に繋がる道はあり

ませんので、最低限、私たちはこの地上にあって、絶対主を信頼し、遜って絶対主に従って行く

姿勢を貫いて行くべきなのです。聖書には、「イエス・キリストを信じる者は誰でも永遠の命を

持つ」という面と、「行いのない信仰は死んだものだ」という二面性が記されており、絶対主は

あえてこの両面を提示されています。ということは、絶対主は私たちが生きている間に、完全な

安心感を与えようとはしておられないということです。だから、
私たちは聖書を読んで、「自分

は天に行ける」と無理矢理思い込む必要はありません。
確かに、誰だって信じたのなら信じたこと

の平安を得たいし、天国に行ける安心感を持ちたいものです。しかし、自分は罪人だという事実

を曲げることはできませんし、罪の心を誤魔化すこともできません。もしかしたら、私たちが

信仰の苦難を通っていく時、御霊様が励ましと安心感を与えて下さるかも知れません。しかし、

それもすべては絶対主の手の中にあることです。自分自身で無理矢理思い込むものではありま

せん。しかし、一つだけ天に行けるはっきりした道があります。それは、黙示録に中に出てくる

明確な御言葉です。それは、黙示録2章7節に「勝利を得る者は、パラダイスの中にある命の木

の実を食べることを許そう」とあります。すなわち、「聖なる都を 受け継ぐ」ということです。

「勝利を得る者」とは、患難時代で自分自身の命を差し出した殉教者のことです。これは黙示録

にはっきりと書いてありますので、これから患難時代に入って行く私たちにとって、もしその殉教

の道を通るならば、地上にいる間に「自分は天に繋がる」という確認を持つことが出来ます。

そのような生涯を送れるということは感謝なことです。だから、どうか信仰を全うして下さい。

そして、そのように自分の信仰を走り通したならば、ステパノのように、後は「この霊を御手に

委ねます」と、言えば良いでしょう。どこまで行っても、イエス様の贖いは事実であり、これは

間違いないことですから、どこまでも悔いし砕かれた心を持って、イエス様の贖いに懸けて

行く中で、絶対主に従い通して行くことが私たちにとって全てです。



(結)私たちは、たとえ聖霊のバプテスマを受けたとしても、「自分はもう聖くなったから、

天の御国を受け継がせて頂ける」という確信を持つことはできません。幾らでも、聖霊のバプテ

スマを受けた方々で、背教した方々がいます。ですから、
生涯遜って、絶対主に従い通す事が

全て
です。先程も申し上げたように、患難時代の殉教者は、「勝利を得る者とされる」という

メッセージは間違いありません
ので、どうか最後まで正気で信じて行って下さい。(第Ⅰテサ

ロニケ5:8)そして、
患難時代で殉教し、自分の走るべき行程を走り尽くしたなら、あとは

絶対主にお任せすれば良い
のです。天に上げていただけるかどうか、それは絶対主の御心次第

です。どこまで行っても、イエス様の贖いは事実ですから、遜り、悔いし砕かれた心を持って、

イエス・キリストの贖いに懸けて 行こうではありませんか。

  

                 

 定期メッセージは他にもあります。

下記のメッセージのタイトル(下線)をクリックしてください。


  2020年    
 NO.675
「絶対主に聞き、頼り切って、絶対主の為に生きて行く」
2020年11月22日
 NO.674
「絶対主に聞き、頼り切って、絶対主の為に生きて行く」
2020年11月15日
 NO.673
「絶対主を意識して物事を慎重に判断
する、キリストにある新しい生き方」

2020年11月8日
NO.672
「人を無視する頑なな心を砕いて、
どこまでも絶対主を信頼していく」

2020年11月1日
 NO.671
「罪を100%認め、
悔い改めて初心に戻る」

2020年10月25日
 NO.670
「肉を荷なわれたイエス様」
2020年10月11日
 NO.669
「綺麗事の信仰に踏み出す」
2020年10月4日
NO.668
「自分を低くするのは当たり前のこと」
2020年9月27日
 
NO.667
「絶対主への100倍の恩返し」
2020年9月20日
 
 NO.666
「クリスチャンのパラダイム転換」
2020年9月13日
 
NO.665
「砕かれた魂は幸い」という御言葉に
土台を置いて

2020年9月6日
 
NO.664
「イエス様と同じ考え同じ、同じ
気持ちで、絶対主に従って行く」

2020年8月30日
 
 NO.663
「聖書を信じていく生き方を、
本気で始め出す」

2020年8月23日
NO.662
「イエス様の考えと
私たちの信仰のズレ」

2020年8月16日
NO.661
「心を開いて謙りを表して行く」
2020年8月9日
 
 NO.660
「絶対主の誉れを求めて」
2020年8月2日
NO.659
「絶対主の栄光のために全力を尽くして行く」
2020年7月26日
 
NO.658
「絶対主に心を寄せ、
絶対主に繋がる生き方」

2020年7月19日
 
NO.657
「信じる当事者になるための決断は、
自分に根拠を置かず、絶対主に日々
信頼していく信仰である」

2020年7月12日
 
 NO.656
「絶対主を信頼し、絶対主に対して
心溢れる信仰を全うしていく」

2020年7月5日
 NO.655
「罪深い自分に幻想を抱かないで!」
2020年6月28日
 
NO.654
「信仰の勝利者となるために、
トコトン絶対主に頼って行く」

2020年6月21日
 
NO.653
「信仰の高嶺に向かって」
2020年6月14日
 
 NO.652
「トコトン絶対主に頼って行く
純な信仰」

2020年6月7日
 NO.651
「信仰の従順に至る行いの勧め」
2020年5月31日
NO.650
「救われた罪人の特徴と、
御霊による歩み」

2020年5月24日
 
NO.649
「信仰による救いと
信じた者の正しい歩み」

2020年5月17日
 
NO.648
「主を信じ仰ぐ心を守り通す」

2020年5月10日
 
NO.647
「信仰のパラダイム転換・空っぽの器」

2020年5月3日
 
NO.646
「心の王座を変える」

2020年4月26日
 
 NO.645
「聞く耳のある者は聞きなさい」

2020年4月19日
 NO.644
「コロナ疫病と患難時代」

2020年4月12日
 NO.643
「死に至るまでもいのちを惜しまず」

2020年3月29日
NO.642
「霊的な達成感を味わっていくために」

2020年3月22日
 
NO.641
りの心を持って」

2020年3月15日
 
NO.640
「落ちきった者として、
大胆に踏み出す」

2020年3月8日
 
 NO.639
「もはや自分のためではなく、
キリストのために」

2020年3月1日
 NO.638
「絶対主に受入れられた者」

2020年2月23日
NO.637
「一途な心で信じ続ける」

2020年2月16日
 
 NO.636
「絶対主に出来ないことはない」

2020年2月9日
NO.635
「たとえ理屈に基づかなくとも」

2020年2月2日
 
NO.634
「絶対主を信じ続けて行く」

2020年1月26日
 
 NO.633
「絶対主を信じるのは当たり前」

2020年1月19日
NO.632
「信じる事が当たり前の信仰」

2020年1月12日
NO.631
「新しい見方・考え方を、
新しい革袋に入れて」

2020年1月1日
  
  2019年   
     NO.630
「絶対主の前に遜った心で」

2019年12月22日
 
 NO.629
「自分の弱さを認めて」

2019年12月15日
NO.628
「絶対主に乗っかかった信仰の在り方」

2019年12月1日
 
NO.627
「心を入れ替えて、
自我を正しく使う」

2019年11月24日
 
 NO.626
「空っぽの器だと認めて、
御霊の力を求めて行く」

2019年11月17日
NO.625
「絶対主の意向を実現して行く生き方」
2019年11月10日
 
NO.624
「願望は苦き胆汁」
2019年11月3日
 
 NO.623
「駄目な自分は棚上げにして、絶対主に頼って行く」

2019年10月27日
 NO.622
「信仰は、自分の肉の我を砕くところ
から始まる」

2019年10月20日
NO.621
「肉の思いから離れ、絶対主に懸けて行く」

2019年10月13日
 
 NO.620
「反発する心を折って従う」

2019年10月6日
NO.619
「他力本願の生き方」

2019年9月29日
 
NO.618
「反抗心を出すことを止める」

2019年9月22日
 
 NO.617
「絶対主を根拠にした生き方にチェンジ」

2019年9月15日
 NO.616
「絶対主に信頼する世界に
両足を入れて」

2019年9月8日
NO.615
「どこまでも絶対主に頼って」

2019年9月1日
 
 NO.614
「絶対主に対して心をオープンに」

2019年8月25日
NO.613
「絶対主の栄光だけが表される事を
願って」

2019年8月18日
 
NO.612
「リスクを負う覚悟」

2019年8月11日
 
 NO.611
「私たちの肉は負けてもいい」

2019年8月4日
 NO.610
「私たちの自由を如何に使って行くか」

2019年7月28日
NO.609
「反抗心を止め、心を開いて悔いし
砕かれた心を持つ」

2019年7月21日
 
 NO.608
「反発の心から離れて絶対主に従う」

2019年7月7日
NO.607
「聖書は正しい。絶対主は正しい。」

2019年6月30日
 
NO.606
「絶対主に大胆に近づいて」

2019年6月23日
 
 NO.605
「絶対主の為に生きていく心の転換」

2019年6月16日
 NO.604
「新しい創造の生き方へ」

2019年6月9日
NO.603
「絶対主の側の人間として、
物事を理屈で考える」

2019年6月2日
 
 NO.602
「ローマ書の真理」の解き明かし」

2019年5月26日
NO.601
「信仰の従順の世界に入る」

2019年5月19日
 
NO.560
「絶対主の前に
ありったけの心を注いで」

2019年5月12日
 
 NO.599
「絶対主にあって物事を考えていく」

2019年5月5日
 NO.598
「信じる心の行動は、
相手の心を汲むところから」

2019年4月28日
NO.597
「信じる心の実を表す」

2019年4月21日
 
NO.596
「絶対主のこだわりの上に
自分の信仰を積み上げていく」

2019年4月14日
 
 NO.595
人間の救いは絶対主の為」

2019年4月7日
NO.594
「真剣な信仰の歩みの中で」

2019年3月31日
 
 NO.593
「絶対主に信頼する心」

2019年3月24日
 NO.592
「絶対主の考えに沿った生涯」

2019年3月17日
 NO.591
「行いの伴った信仰」

2019年3月10日
 NO.590
「自分の考えを引っ込めて」

2019年3月3日
NO.589
「命も心も絶対主のもの」

2019年2月24日
 
 NO.588
「絶対主の前に完全にお手上げ」

2019年2月17日
NO.587
「自分の罪を認め、主に頼り最後まで
従っていく」-二人の強盗より-

2019年2月10日
 
 NO.586
「わたしの心は定まりました」

2019年2月3日
 NO.585
「絶対主の前に降参する」

2019年1月27日
 NO.584
「心の(ふた)を開けて」

2019年1月20日
NO.583
「心の立ち位置を変えて」

2019年1月13日
 
NO.582
「絶対主が言われるならそれで
いい」

2019年1月6日
 
  2003年~2018年   
    2018年礼拝メッセージ 
2017年礼拝メッセージ  2016年礼拝メッセージ   2015年礼拝メッセージ
2014年礼拝メッセージ 2013年礼拝メッセージ 2012年礼拝メッセージ 
 2011年礼拝メッセージ  2010年礼拝メッセージ 2009年礼拝メッセージ
2008年礼拝メッセージ 2007年礼拝メッセージ 2006年礼拝メッセージ
2005年礼拝メッセージ 2004年礼拝メッセージ  2003年礼拝メッセージ 


絶対主のことばは生きていて、力があり、

両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、
                              
関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、

心のいろいろな考えやはかりごとを

判別することができます。

          【ヘブル4:12】
 
 *メニュー
      * 教 会 案 内
      * 牧 師 紹 介
      * 定 期 集 会
      * 特 別 集 会
      * 定期メッセージ
      * ショートメッセージ
      * 福 音 の 話
      * 行       事
      * 教 会 新 聞
      * 掲  示  板
      * リ  ン  ク
      * 事  務  室