教 会 案 内 牧 師 紹 介 定 期 集 会 特 別 集 会
定 期 メ ッセージ  シ ョ ー ト メッセージ 福 音 の 話
行   事 教 会 新 聞 掲 示 板 リ ン ク 事 務 室



   教会では毎週日曜日に礼拝が行われま
す。

 それは私たちが全能主(神)を誉め称える時です。

 又、聖書の中からお話しがあります。

 その中で毎週更新されるメッセージをご覧下さい。



                                  
           2022年11月13日   


全能主の思うところを、ことごとく実行する本気の献身』


使徒の働き 13:16~22

(起) 使徒行伝13章22節、「彼は、わたしの心に適った者で、わたしの思うところをことごとく

実行する」という御言葉から、私たちも全能主に信頼され、「全能主の思うところを、ことごとく

実行する
という本気の献身」を身につけて行きたいと思います。


(承)さて、22節を見ますと、全能主がダビデについて語られた言葉が記されております。「わたしは

エッサイ
の子ダビデを見つけた。彼はわたしの心に適った者で、わたしの思うところを、ことごとく

実行する」
とあります。これは、全能主にとって、全能主の言うことをよく聞き、全能主の気持ちに

なって、それをことごとく
実行してくれる者がいたということです。それは全能主にとって最高の

喜びです。
全能主はその心を持った者をずっと探しておられ、その中で、エッサイの末っ子で、

羊飼いをしていたダビデに目を留め
られたのです。私たちは、ダビデがその心を持っていたことは、

旧約聖書に記された、ある場面を通して
よく理解できます。ダビデは、サウル王に対して潔白であった

にも関わらず、サウル王から(うと)まれ、ずっと命を狙われて、追いかけられていました。ところが、

ある時サウル王が、無警戒で洞穴の中で用を足して
いた時、ダビデがサウル王に手を掛けるチャンス

が来ました。しかし、ダビデは『ヤハウェから油そそ
がれた方に手を掛けることは出来ない』(第Ⅰ

サムエル24:6)と言って、チャンスをあえて見逃し、サウ
ル王の上着の(すそ)だけを切り取ったの

です。この場面を通して分かることは、ダビデは「自分の命を守ること
よりも、全能主の考えを第一に

する」という心を持っていた人であるということです。それは、自分の思う
ところではなく、どこ

までも全能主の思いを大事にしようとしていた、ダビデの心があったからです
。全能主は、そのダビ

デの心を見られ、彼を選んで良かったと喜ばれたのです。


(転)しかしながら、ダビデのように、全能主の心を汲んでその通りやって行こうとする者が、どれだけ

いる
でしょうか。世界中の人間は、全能主によって創造され、命を与えられて暮らしています。

しかし、その中で全能主のために命を使い、全能主の思うところをことごとく実行しようとしている

人は、多くはありま
せん。はっきり言って、皆自分の命は自分のものだと思っていますので、自分の心や

自分の体は、「自分の
思い通りに使いたい」というのが、当たり前になっています。こうした、自分

の思うところをことごとく実行
しようとする生き方が、クリスチャンにもあるのです。しかし、ここで

よくよく悟って欲しいことは、「自分の心は
自分の思い通りにはならない」ということです。例えば、

信じた時のことを思い返してみてください。私たちが
、イエス様の救いを信じようと思った時、自分の

思い通りに信じることが出来たでしょうか?私たちは、幾ら信じるべきだと分かっても、心が付いて

いかず、なかなか信じられなかった(はず)です。そんな私たちが信じられたのは、主が私たちの心を

開き、動かし、救いを受けとめることができるようにして下さったからです。
それは、使徒行伝に出て

くるルデヤに対して、
「主が彼女の心を開いて」とあるように、主が私たちの心を開いて下さったからこそ、

心の迷いもなく「信じる」と決断する事が出来たのです。
そして、不思議なことに
私たちの心の中には、

「最初に信じた心が今の今までずーっと消えずに、心の中にある」のです。それは
自分で自分の心の中に

入れたのではなかったからです。正に、主に与えて(もら)った信仰心だったからですそれ故に、私たちの

心を開いて下さり、信じる思いを入れて下さった方は、私たちにとって特別な方です
なぜなら、その

方は、私たち自身ができなかったことをして下さった方だからです。ですから、今度は
私たちの方

から、「全能主に従いたい」という献身の思いを持ったらどうでしょうか。しかし、これも信じた時

と同じように、思い通りにはなりません。その心は、主によって私たちの心に入れてもらうのです。


その
ために、「献身の心」を私たちの心の中に、しっかりと入れ込んで下さる方に、お願いしたらどうで

しょうか
。使徒行伝16章では、「ルデヤの心を、主が開かれたので、信じる心が彼女の心の中に

入った」のです
から。それなら、私たちも同じように「全能主の思うところを実行したい」という心を、

自分自身の心の中に
入れて頂くために、主に祈ったらどうでしょうか。私たちは信じた者として祈る

ことができるのですから、
「私の心の中に、『全能主の思うところを実行したい』という心を入れて

下さい」
とお願いしましょう。これは主が入れて下さるものです。自分の熱心が、そうさせるのでは

ありません。

(結)
こういうわけで、自分で自分の心を変えたいと思っても、それは、いくら努力してもダメ

ですし、頭で考えてもダメです。それは簡単にできることではありません。ですから、全能主に祈り

「私の心を、
自分勝手な思いから離れさせ、主の思いを受け留めて実行したいという思いに変えて

下さい。その心を
下さい」とお願いして下さい。そして、「全能主の思うところを、ことごとく実行

する本物の献身」
を身に
つけて下さい。全能主は、私たちがその祈り心を持つことを待っておられる

のです。



                                  

 定期メッセージは他にもあります。

下記のメッセージのタイトル(下線)をクリックしてください。



     2022年    
    NO.770
「献身の決意をもって、
忠実に主に留まる」

2022年11月6日
   
NO.769
「砕かれた悔いし心を持って、
心を開いていく」

2022年10月30日
  
 NO.768
「全能主に従う明確な意識」
2022年10月23日
 
NO.767
「我が身を主に委ねる」
2022年10月16日
 
 NO.766
「全能主を愛し、全能主を第一にして
いく道を完遂する」

2022年10月9日
 NO.765
「全能主が願っておられる実を
結ぶ為の命」

2022年10月2日
 NO.764
「『ツロの女』と『パリサイ人と
サドカイ人のパン種』について」

2022年9月25日
 
 NO.763
「天に繋がる水一杯の心」
2022年9月18日
 
 NO.762
「たとえ思い通りにならなくても、
主を信じ通す、綺麗事の信仰」

2022年9月4日
  NO.761
「どこまでも
全能主を信頼していくこと」

2022年8月28日
 
 NO.760
「聖書を信じ、残りの生涯で信じる者に
働く、全能の力の偉大さを味わう」

2022年8月21日
 
NO.759
「御言葉を理解するため、相手の側に
立って聞く姿勢を身につける」

2022年8月7日
 
NO.758
「新しく生まれ、御国に入れて頂く時
まで、地上では全能主の庇護のもとで、
全力を尽くして仕えていく」

2022年7月31日
  
 NO.757
「いつも全力を注いで主のわざに励み、
その労力が無駄にならないことを
味わう信仰の生涯」

2022年7月24日
 
 NO.756
「何をするにも、全能主の栄光のためにしていく~被り物の記事より~」
2022年7月17日
NO.755
「信仰の法則の中を歩む
クリスチャン生活」

2022年7月10日
 
 NO.754
「私たち罪人に注がれた
アガペーの愛を実践する」

2022年7月3日
 NO.753
「純粋な信仰、純粋な一方通行の愛」
2022年6月26日
 NO.752
「愚かな自分ではなく、
全能主に望みを置く生涯
~メルキゼデクの職務のような祭司~」

2022年6月19日
 
NO.751
「あなたの道を主に委ね、主に信頼し、
主が成し遂げてくださるという
信仰のあり方」

2022年6月12日
 
 NO.750
「『自分の思い通りしたい』という考えを砕き全能主を信じる信仰を貫く」
2022年6月5日
  NO.749
「信じた者として、聖書に従い、
どこまでも全能主に信頼する」

2022年5月29日
 NO.748
「御霊の法則に従った、新しい生き方」
2022年5月22日
NO.747
「罪の肉の心を砕き、砕かれた悔いし
心を自分の心にすること」

2022年5月15日
 
 NO.746
「『主の御心のままに』と決断し、
全能主にお委ねしていく道」

2022年5月8日
 NO.745
「全能主の前に常に心を開き、
本音を表していく生き方」

2022年5月1日
 NO.744
「人間的な考えではなく、
全能主に心を向けていく」

2022年4月24日
NO.743
「全能主に完全に信頼して、
人は成長する」

2022年4月17日
 
NO.742
「自分を丸ごと否定し、見切る」
2022年4月10日
 
 NO.741
「魔物を抱えた自分を否定して」
2022年4月3日
 NO.740
全能主の前に
初穂として選ばれた者たち

2022年3月27日
NO.739
「全能主の前にお手上げする」
2022年3月20日
 NO.738
「自分自身を見切って、一心にする」
2022年3月13日
NO.737
「勝たなくても良い、
信仰の勝利の生き方」

2022年3月6日
  
 NO.736
「新しく創造された者として生きて行く」
2022年2月27日
NO.735
「全能主がら頂いた助けや
賜物によって」

2022年2月20日
 
NO.734
「全能主が満足して下さる仕え方」
2022年2月13日
 
 NO.733
「罪人の頭である、という原点に戻って」
2022年2月6日
 NO.732
「心をガラッと入れ替えて」
2022年1月30日
NO.731
「全てを懸けて、全能主とイエス様を
信じ抜くこと」

2022年1月23日
 
NO.730
「砕かれた悔いし心を土台として」
2022年1月16日
 
 NO.729
「単純に信じる心」
―長血の女の癒やしより―
2022年1月9日
NO.728
「悪魔からの誘惑の声に
勝利する秘訣」

2022年1月1日(元旦)
 
   2021年  
 NO.727
「全能主に召された者は、主の栄光の為に
自分の命を用いて行く」

2021年12月19日
NO.726
「全能主から養子縁組された者
2021年12月12日
 
 NO.725
「信じ続けて行く努力
2021年12月5日
 NO.724
「ミュラーさんのように本気で、
全能主を信じて行く決断

2021年11月28日
 
NO.723
「心の芯棒をしっかりと身につける
2021年11月21日
 
 NO.722
「とことん仕えて行く献身の歩み
2021年11月14日
NO.721
「全能主の思い通り生きて行く
献身の決断

2021年11月7日
 
NO.720
握りしめていた自分を手放す」
2021年10月31日
 
NO.719
考えを入れ替えて」
2021年10月24日
 NO.718
「イエス様の贖いが全てです
2021年10月17日
NO.717
「イエス様を信じる信仰は
誰にも負けない

2021年10月10日
 
NO.716
自分を低くして全能主に仕えて行く」
2021年10月3日
NO.715
「霊にあっては、図々しく主を
見上げていく

2021年9月26日
 
NO.714
「全能主の為に
100倍の実を結んでいく

2021年9月19日
 
NO.713
「霊の上澄みの部分で生きていく
2021年9月12日
 NO.712
「肉と霊を区別する
2021年9月5日
 NO.711
肉の世界から離れ、
全能主に従い通して行く」

2021年8月29日
NO.710
全能主は正しい、イエス様は正しい、
聖書は正しい。」

2021年8月22日
NO.709
一旦心の中に落とし、霊的に考える」
2021年8月15日
 
NO.708
最後まで信じ通す」
2021年8月1日
NO.707
全能主に対する従属の心を掴んで」
2021年7月25日
 NO.706
義務感ではなく、
女が男に従属する真理」

2021年7月18日
 NO.705
「御霊に属する純粋な建物を
建て上げていく歩み

2021年7月11日
NO.704
「自我を砕き、遜りの中を歩んで行く
2021年7月4日
NO.703
「全能主とイエス様の交わりの中に
留まって

2021年6月27日
 
 NO.702
全能主に従うのは当然、という悟り」
2021年6月20日
NO.701
競争心に惑わされない、
キリストに対する自由な生き方」

2021年6月13日
NO.700
「御霊に適う歩みをし続けて行く事
2021年6月6日
 
 NO.696
「残りの生涯を
全能主の御旨の為に生きていく

2021年5月30日
NO.695
「遜りの心を持って、
全能主にお仕えしていこう

2021年5月23日
 NO.694
全能主の中にある真理の二面性」
2021年5月16日
NO.693
「キリストの故に
罪が赦された者として

2021年5月9日
 
NO.692
心を低くし、天の御国を一心に
目指して生きていく事」

2021年5月2日
NO.691
「心を低くして生きて行く」
2021年4月25日
 
NO.690
「私は罪人ですが、
キリストの贖いがあります」

2021年4月18日
 
NO.689
「キリストの贖いに自信を持って」
2021年4月11日
 NO.688
グレーな信者ではなく、
明確な信者として全能主に従って行く」

2021年4月4日
 NO.687
「全能主との繋がりを
生涯持ち続けていく」

2021年3月28日
NO.686
「今この時から、
勝利を得る者としての証を残していく」

2021年3月21日
NO.685
「信じる行いが試される時」
2021年3月14日
  
NO.684
「自分や人に対してではなく、
全能主に対して生きて行く」

2021年3月7日
 
NO.683
「ただ、為すべきことをしたに
過ぎません」

2021年2月28日
 NO.682
「右にも左にもぶれない
不動の信仰者とされて」

2021年2月21日
NO.681
「主に仕えて行く道が
閉ざされないために」

2021年2月14日
 
NO.680
「魔物の声を封印して」
2021年2月7日
 NO.679
「相手の言わんとする事を聞く」
2021年1月31日
NO.678
「考えを入れ替える」
2021年1月24日
 
  2003年~2020年   
 2020年礼拝メッセージ 2019年礼拝メッセージ  2018年礼拝メッセージ 
2017年礼拝メッセージ  2016年礼拝メッセージ   2015年礼拝メッセージ
2014年礼拝メッセージ 2013年礼拝メッセージ 2012年礼拝メッセージ 
 2011年礼拝メッセージ  2010年礼拝メッセージ 2009年礼拝メッセージ
2008年礼拝メッセージ 2007年礼拝メッセージ 2006年礼拝メッセージ
2005年礼拝メッセージ 2004年礼拝メッセージ  2003年礼拝メッセージ 

全能主のことばは生きていて、力があり、

両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、
                              
関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、

心のいろいろな考えやはかりごとを

判別することができます。

      【ヘブル4:12】

 
 *メニュー
      * 教 会 案 内
      * 牧 師 紹 介
      * 定 期 集 会
      * 特 別 集 会
      * 定期メッセージ
      * ショートメッセージ
      * 福 音 の 話
      * 行       事
      * 教 会 新 聞
      * 掲  示  板
      * リ  ン  ク
      * 事  務  室