教 会 案 内 牧 師 紹 介 定 期 集 会 特 別 集 会
定 期 メ ッセージ  シ ョ ー ト メッセージ 福 音 の 話
行   事 教 会 新 聞 掲 示 板 リ ン ク 事 務 室



   教会では毎週日曜日に礼拝が行われま
す。

 それは私たちが絶対主(神)を誉め称える時です。

 又、聖書の中からお話しがあります。

 その中で毎週更新されるメッセージをご覧下さい。



                                  
        2022年7月24日   


いつも全力を注いで主のわざに励み、
その労苦が無駄にならないことを味わう信仰の生涯』


第Ⅰコリントの手紙 15:50~58

(起) 第Ⅰコリント15章58節の御言葉から、「いつも全力を注いで主のわざに励み、その

労苦が
主にあって無駄にならないことを味わい」、信仰の生涯を全うすることを学んで行きたいと

思います。


(承)
さて、50節を見ますと、「生れながらの血肉は、絶対主の国を継ぐことができません」とあり

ます。生まれ
ながらの血肉とは、今現在、私たちが持っているこの肉体のことで、ここには罪と

魔物が内住しています。
この罪と魔物から、いくら離れたいと思っても、主の再臨までは取り去る

ことはできません。ですから、この血肉のままでは絶対主の国に入ることはできないのです。

ところが、51節を見ますと、「あなた方に奥義を告げましょう」とあります。その奥義とは、

「私たちは皆、眠ってしまうのではなく、
終りのラッパの響きと共に、
まばたきする瞬間に、

一瞬にして変えられる」
という素晴らしい幸いのことです。


【この奥義に関して、あえて、聖書から「終わりのラッパ」がいつ吹かれるのか見ていきましょう。

まず、マタイ
24章31節には、「人の子は、大きなラッパの音と共に、・・・四方からキリストの

選びの民を呼び集めます」とあり
第Ⅰテサロニケ4章16節では、「絶対主のラッパの響き

よって、天から下って来られます」とあります。この
ラッパの響きは、患難時代の終わりに鳴ら

され、そして主が来られるとあります。それは、明らかに「荒らす憎むべき者」、また「滅びの子・

666」と言われる反キリストが現われてから、(あと)のことです。ですから、「患難時代の

終わりにラッパが吹き鳴らされて、キリストの再臨がある」と、マタイとテサロニケの書に記るし

ているの
です。そして、その時に空中携挙が起こり(マタイ24:31,第Ⅰテサロニケ4:17)

生き残っていたクリスチャンたちは、この時に挙げられるのです。ですから、患難時代の前には、空中

携挙はありません。
このことは聖書に
明確に記されています。患難時代の前の空中携挙の教理は、

初代教会の中にはなく、極最近に、サイラス・
スコフィールドのバイブルによって20世紀に広め

られたディスペンセーション主義によるものです。
もし、全てのクリスチャンが患難時代の前に空中携

挙されるならば、目を覚ましていなくても良いことになります。このディス
ペンセーションの教えは、

真正面から聖書の教えに逆らう教理です。そして、クリスチャンを眠らせるサタンの企みです。
(ちな)
みに、

スコフィールドはフリーメイソン・イルミナティーから資金提供を受けてバイブルを作製しました。

このイルミナティ-は悪魔礼拝者です。】


さて、私たちは必ず命を閉じるときが来ますが、それで永遠に眠ってしまうのではなく、終わりの

時に、全く
新しい身体として、朽ちない身体に変えられ、天に引き上げられて行くのです。

しかも、まばたきする瞬間に変えられるということですから、自分自身も自覚できないほど瞬間

的に新しい姿に変えられるということです。
そして、「不死を着る」とありますから、当然死ぬ

ことはありませんし、時間と共に年を取ることもありません。
天の御国では、私たちはイエス様の

兄弟として、心と心の触れ合う幸いな交わりの中に入れられるのです。
そのような世界が私たちには

約束されています。このことは、決して自分の力で実現できるものではありませんそれは、絶対主が

キリストの贖いを完成されたので、信じた者たちをその救いの中に入れて下さるのです。
です

から、救いというものは、私たちが自分の力で全うするものではありません。ということは、

クリスチャンの
生き方は「こうすべき、ああすべき」という律法を自分に言い聞かせて生きて

行くのではなく、信じた者は、救いを成し遂げて下さる絶対主を信じ、信頼して行く中で生きて

行くのです。何故なら、律法は、キリストに
よって廃棄されたからです。


(転)しかしながら、私たちは子供の頃から、「こうすべき、ああすべき、これをしてはいけ

ない、あれをしては
いけない」という教育を受けて来た為、無意識のうちに、その律法を自分の

中に持っています。良い子は、
子供の頃から律法に従う子であると教育され、「こうすべき、ああ

すべき、これをしてはいけない、あれをしては
いけない」と、いつも自分自身に言い聞かせて生きて

来たのです。ところが、56節にある通り、「律法は罪の
力」なのです。私たちは、「してはいけ

ない」と言われると、逆に反発し、やりたくなってしまいます。
即ち、律法は、元々持っている

罪を噴き出させ、罪が罪として存在しているという事実を指し示すことが目的なのです
それ

なのに、私たちは罪に打ち勝とうとして、反省しますが、また同じ事を繰り返すのです。ですから、

「律法は
罪の力です」とあるように、聖書は私たちの罪の心を(えぐ)って無力であることを伝えて

いるのです。それならば、イエス様を信じた時に、
「律法から解放されている」ということを

同時に聞いていたなら、どんなに幸いであったことでしょうか。それは、
イエス様の救いが、

アオリスト形の救い
だったのですから、今現在、私たちが子供の頃から染み付いた律法に
捕ら

われて失望していたとしても、関係ないのです。つまり、
現在の自分がどのような状況であろうが関係

なく
過去にイエス様が贖いをして下さったという事実の故に、私たちはもう律法に対して死んだ者と

され、律法から
解放されているのです。これが救いです。ならば、私たちの生き方は、律法から

解放された者として
これからは自分の努力で成し遂げて行こうとするのではなく、主に信頼し、主が

成し遂げて下さることを、どこまでも
信じて待って行くことです。それが、58節に書いてあり

ます。「堅く立って動かされず」とあるように、主に信頼
する心に堅く立ち、イエス様のアオリスト

の救いに留まるのです。
私たちの内からは、魔物が「お前は、それでもクリスチャンか」とか、「お前の

心の中はいつも罪で満ちているだろう」と、いろいろ言ってきます。確かに、
それはその通り

です。でも、イエス様の贖いはどこまでいっても変わりません。だから、私たちのような罪人でも


主のために心を使って従って行けるのです。主に信頼して行くことにおいて、「お前はダメ、お前は

良い」という
差別はありません。主に信頼して行くことは、主ご自身も喜ばれます
。私たちの人間

的な思いは、「頼って
ばかりいないで自分でやれ」と言われるのではないかと、恐れますが、私たちは

生まれながらに罪人です
から、自分で出来るわけがありませんし、自分でやろうと思うことが

正しいのではありません。私たちには、
イエス様のアオリストの救いを頂いたのですから、主が

全部成し遂げて下さるという「信仰の法則」(ロマ3:27)に従って行けば良いのです。その

中に歩み出した時、主は必ず助けて下さいます。それを一度味わえれば、全力を注いで行く生き

方が、ますます力強くなって行くでしょう。


(結)私たちの教会には、大きなビジョンが与えられていますが、それは、私たちがやろうと

思って出来ることではありません。しかし、絶対主がやろうとしておられる事柄ですから、私たち

は主に信頼し、全力を尽くして
前に向かって行くのです。すると、主がそれを成し遂げて下さい

ます。これは二人三脚です。即ち、私たち
自身の主に信頼する心と、絶対主の御心が合体して、

絶対主の栄光が表されて行くのです。どうか、全力を
尽くして主に信頼し、それが無駄ではなかった

ということを味わって行く信仰の生涯を送ろうではありませんか。

                                  

 定期メッセージは他にもあります。

下記のメッセージのタイトル(下線)をクリックしてください。



     2022年    
   NO.723
「何をするにも、絶対主の栄光のためにしていく~被り物の記事より~」
2022年7月17日
NO.722
「信仰の法則の中を歩む
クリスチャン生活」

2022年7月10日
 
 NO.721
「私たち罪人に注がれた
アガペーの愛を実践する」

2022年7月3日
 NO.720
「純粋な信仰、純粋な一方通行の愛」
2022年6月26日
 NO.719
「愚かな自分ではなく、
絶対主に望みを置く生涯
~メルキゼデクの職務のような祭司~」

2022年6月19日
 
NO.718
「あなたの道を主に委ね、主に信頼し、
主が成し遂げてくださるという
信仰のあり方」

2022年6月12日
 
 NO.717
「『自分の思い通りしたい』という考えを砕き絶対主を信じる信仰を貫く」
2022年6月5日
  NO.716
「信じた者として、聖書に従い、
どこまでも絶対主に信頼する」

2022年5月29日
 NO.715
「御霊の法則に従った、新しい生き方」
2022年5月22日
NO.714
「罪の肉の心を砕き、砕かれた悔いし
心を自分の心にすること」

2022年5月15日
 
 NO.713
「『主の御心のままに』と決断し、
絶対主にお委ねしていく道」

2022年5月8日
 NO.712
「絶対主の前に常に心を開き、
本音を表していく生き方」

2022年5月1日
 NO.711
「人間的な考えではなく、
絶対主に心を向けていく」

2022年4月24日
NO.710
「絶対主に完全に信頼して、
人は成長する」

2022年4月17日
 
NO.709
「自分を丸ごと否定し、見切る」
2022年4月10日
 
 NO.708
「魔物を抱えた自分を否定して」
2022年4月3日
 NO.707
絶対主の前に
初穂として選ばれた者たち

2022年3月27日
NO.706
「絶対主の前にお手上げする」
2022年3月20日
 NO.705
「自分自身を見切って、一心にする」
2022年3月13日
NO.704
「勝たなくても良い、
信仰の勝利の生き方」

2022年3月6日
  
 NO.703
「新しく創造された者として生きて行く」
2022年2月27日
NO.702
「絶対主がら頂いた助けや
賜物によって」

2022年2月20日
 
NO.701
「絶対主が満足して下さる仕え方」
2022年2月13日
 
 NO.700
「罪人の頭である、という原点に戻って」
2022年2月6日
 NO.699
「心をガラッと入れ替えて」
2022年1月30日
NO.698
「全てを懸けて、絶対主とイエス様を
信じ抜くこと」

2022年1月23日
 
NO.697
「砕かれた悔いし心を土台として」
2022年1月16日
 
 NO.696
「単純に信じる心」
―長血の女の癒やしより―
2022年1月9日
NO.695
「悪魔からの誘惑の声に
勝利する秘訣」

2022年1月1日(元旦)
 
   2021年  
 NO.694
「絶対主に召された者は、主の栄光の為に
自分の命を用いて行く」

2021年12月19日
NO.693
「絶対主から養子縁組された者
2021年12月12日
 
 NO.692
「信じ続けて行く努力
2021年12月5日
 NO.691
「ミュラーさんのように本気で、
絶対主を信じて行く決断

2021年11月28日
 
NO.690
「心の芯棒をしっかりと身につける
2021年11月21日
 
 NO.689
「とことん仕えて行く献身の歩み
2021年11月14日
NO.688
「絶対主の思い通り生きて行く
献身の決断

2021年11月7日
 
NO.687
握りしめていた自分を手放す」
2021年10月31日
 
NO.686
考えを入れ替えて」
2021年10月24日
 NO.685
「イエス様の贖いが全てです
2021年10月17日
NO.684
「イエス様を信じる信仰は
誰にも負けない

2021年10月10日
 
NO.683
自分を低くして絶対主に仕えて行く」
2021年10月3日
NO.682
「霊にあっては、図々しく主を
見上げていく

2021年9月26日
 
NO.681
「絶対主の為に
100倍の実を結んでいく

2021年9月19日
 
NO.680
「霊の上澄みの部分で生きていく
2021年9月12日
 NO.679
「肉と霊を区別する
2021年9月5日
 NO.678
肉の世界から離れ、
絶対主に従い通して行く」

2021年8月29日
NO.677
絶対主は正しい、イエス様は正しい、
聖書は正しい。」

2021年8月22日
NO.676
一旦心の中に落とし、霊的に考える」
2021年8月15日
 
NO.675
最後まで信じ通す」
2021年8月1日
NO.674
絶対主に対する従属の心を掴んで」
2021年7月25日
 NO.673
義務感ではなく、
女が男に従属する真理」

2021年7月18日
 NO.672
「御霊に属する純粋な建物を
建て上げていく歩み

2021年7月11日
NO.671
「自我を砕き、遜りの中を歩んで行く
2021年7月4日
NO.670
「絶対主とイエス様の交わりの中に
留まって

2021年6月27日
 
 NO.699
絶対主に従うのは当然、という悟り」
2021年6月20日
NO.698
競争心に惑わされない、
キリストに対する自由な生き方」

2021年6月13日
NO.697
「御霊に適う歩みをし続けて行く事
2021年6月6日
 
 NO.696
「残りの生涯を
絶対主の御旨の為に生きていく

2021年5月30日
NO.695
「遜りの心を持って、
絶対主にお仕えしていこう

2021年5月23日
 NO.694
絶対主の中にある真理の二面性」
2021年5月16日
NO.693
「キリストの故に
罪が赦された者として

2021年5月9日
 
NO.692
心を低くし、天の御国を一心に
目指して生きていく事」

2021年5月2日
NO.691
「心を低くして生きて行く」
2021年4月25日
 
NO.690
「私は罪人ですが、
キリストの贖いがあります」

2021年4月18日
 
NO.689
「キリストの贖いに自信を持って」
2021年4月11日
 NO.688
グレーな信者ではなく、
明確な信者として絶対主に従って行く」

2021年4月4日
 NO.687
「絶対主との繋がりを
生涯持ち続けていく」

2021年3月28日
NO.686
「今この時から、
勝利を得る者としての証を残していく」

2021年3月21日
NO.685
「信じる行いが試される時」
2021年3月14日
  
NO.684
「自分や人に対してではなく、
絶対主に対して生きて行く」

2021年3月7日
 
NO.683
「ただ、為すべきことをしたに
過ぎません」

2021年2月28日
 NO.682
「右にも左にもぶれない
不動の信仰者とされて」

2021年2月21日
NO.681
「主に仕えて行く道が
閉ざされないために」

2021年2月14日
 
NO.680
「魔物の声を封印して」
2021年2月7日
 NO.679
「相手の言わんとする事を聞く」
2021年1月31日
NO.678
「考えを入れ替える」
2021年1月24日
 
  2003年~2020年   
 2020年礼拝メッセージ 2019年礼拝メッセージ  2018年礼拝メッセージ 
2017年礼拝メッセージ  2016年礼拝メッセージ   2015年礼拝メッセージ
2014年礼拝メッセージ 2013年礼拝メッセージ 2012年礼拝メッセージ 
 2011年礼拝メッセージ  2010年礼拝メッセージ 2009年礼拝メッセージ
2008年礼拝メッセージ 2007年礼拝メッセージ 2006年礼拝メッセージ
2005年礼拝メッセージ 2004年礼拝メッセージ  2003年礼拝メッセージ 

絶対主のことばは生きていて、力があり、

両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、
                              
関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、

心のいろいろな考えやはかりごとを

判別することができます。

      【ヘブル4:12】

 
 *メニュー
      * 教 会 案 内
      * 牧 師 紹 介
      * 定 期 集 会
      * 特 別 集 会
      * 定期メッセージ
      * ショートメッセージ
      * 福 音 の 話
      * 行       事
      * 教 会 新 聞
      * 掲  示  板
      * リ  ン  ク
      * 事  務  室