教 会 案 内 牧 師 紹 介 定 期 集 会 特 別 集 会
定 期 メ ッセージ  シ ョ ー ト メッセージ 福 音 の 話
行   事 教 会 新 聞 掲 示 板 リ ン ク 事 務 室



   教会では毎週日曜日に礼拝が行われま
す。

 それは私たちが全能主(神)を誉め称える時です。

 又、聖書の中からお話しがあります。

 その中で毎週更新されるメッセージをご覧下さい。



                                  
              2024年4月28日   

『幼子のように主に信頼し、主に聞き従って行く』


マルコの福音書 10:13~16

(起) マルコ10章15節「誰でも幼子のように御国を受け入れる者でなければ、決してそこに入る

ことはできません」
という御言葉から、「全能主は正しい。イエス様は正しい。聖書は正しい。」という

土台に立って、「幼子のように主に信頼し、主に聞き従って行く」という信仰を、現場で表して行く事

学んで行きたいと思います。


(承)さて、イエス様は、「誰でも幼子のように御国を受け入れる者でなければ、決してそこに入る

ことはできません」と言われました。この「幼子のように」とは一体どういう意味でしょうか。いろんな

見方があると思いますが、基本的に幼子は、「理屈で物事を考えて話す事」はしません。中には口達者な

子供もいますが、大人に比べて、知恵はそこまで進んでいませんから、親の言う事をそのまま聞くしか

ありません。ですから、言われた事をそのまま受け留め、聞いて行くというのが幼子の特徴です。ところが、

大人になると、自分の頭で理屈をこね、自分勝手な感情で考えて、自分で物事を決めるようになります。

しかし、それが、果たして正しい知恵の用い方なのでしょうか?そもそも、【人間が知恵を使って物事を

考えるようになったのは、エバからです。エバは狡猾(こうかつ)なヘビに騙され、善悪を知る木の実を食べた

ことによって、全能主の戒めを破ることになり、罪の中に入り込んでしまいました。その時以来、アダムは

全能主に逆らう罪の心を持つようになり、全能主から独立して知恵を使うようになったのです。その結果、

カインは身勝手な損得の考えを働かせて、ケチった心で全能主に捧げ物をして赤恥(あかっぱじ)()きました。

もし、アダムとエバが善悪を知る木の実を食べなかったら、エデンの園で、悩む事も、思い煩う事もなく、

全能主の許にあって平安な心で過ごす事ができたでしょう。】私達も、魔物の惑わしから守られて行く

なら、魔物の影響を受けることなく、不安な状態の中にあって苦しむこともなく、最高な幸せを味わって

いけるに違いありません。
つまり、罪深い頭で人を裁くこともなく、魔物の影響を受けて考え悩む事もなく、

ただ素直に全能主に聞き従って行く安心感の中で、どんなに平和を味わうことでしょうか。しかし、この

幸いは、御国に入れられるまで、取っておきましょう
。それまでは、「全能主は正しい。イエス様は正しい。

聖書は正しい」と信じ切る信仰を地上の現場で表し、「勝利を得る者」としての信仰の生き方をして行くの

です。


(転)では、その心をこの地上の現場で表して行った人は誰でしょうか。それは、ジョージ・ミュラーさん

です。彼は、家族の生活だけでなく、孤児たちの生活も養って行く中で「全能主は正しい。イエス様は

正しい。聖書は正しい」という信仰に立ちました。ですから「孤児の父は全能主である」と聖書に書いて

ある以上、天の父がその孤児の父として養って下さると、幼子のように信じ切ったのです。
このジョージ・

ミュラーさんの全能主は、今も生きて働いておられます。ならば、私達もジョージ・ミュラーさんの

ように、信じ切る信仰の心を持って、現場でその素直な信仰を表し続けて行けるはずです。
また、マルコ

12章41節以降に記されている貧しい寡婦(やもめ)が、生活費の全部を献げたように、本気な心を持って

全能主に信頼した信仰は、イエス様の御心に適うのです。ですから、私達も純な信仰を表して行こうでは

ありませんか。あの寡婦が、生活費の全部を献げたという事は「命を保証するものはお金ではなく、全能

主だ」
と、幼子のように信じ切ったということです。こんな純な信仰が通用するなら、私達も「全能主の

国と、全能主の義を第一に求め」、全能主に本気で喜ばれる者になりたいと思いませんか。
これが、信仰を

地上の現場で表して行くという証です。実際問題、私達もそういう事を頭で考えたら「できない」という

思いに捕らわれてしまいます。しかし、寡婦は頭を使って考える事をせず、「主に信頼せよ。主が成し

遂げて下さる」
という、幼子の信仰の心に立ったのです。そして、この信じる信仰を、献金の現場で表し

たのです
。ならば、私達もこの信仰の決断に習って行きましょう。悪魔は「本当にできるのか」と、あざ

笑ってくるでしょう。すると、ためらう心は当然出て来ます。それは自分に降りかかってくるリスクを頭で

考えるからです。
それを考え始めたら、私達は主に従う事が怖くなって、一歩も動けなくなってしまうで

しょう。しかし、その時に幼子の信仰の心に立つのです。主は、決して見放されません。頭を使って考える

事をしなければ、ただ主を信頼する心の故に決断する事ができるのです
信仰というのは、幼子のように

頭で考えず、聞いて行くこと
です。そして、その信仰を現場で表して行くのです。

(結)ですから、真理には二面性があるのですが、信仰の一面として幼子のように「ぐだぐだと考え

ない」
という素直さが必要であるということです。確かに、頭を使って考えれば、何が正しくて、何が

正しくないかという事を判断するでしょう。しかし、頭は、信仰の心を超えることは出来ません。何故なら、

たとえ正しい事が頭で分かっても、私達は罪人ですから、その通りにはできないからです。だからこそ、

「まず、自分が罪人である事を認め、悔いし砕かれた心」を持って、全能主のお言葉を信じるのです。

これからは、あえて主に信頼し、委ね、任せきるのです。
その心を持てば、善悪を知る木の実を食べる

前の、安心な世界を味わうことができるでしょう。それは、頭で考える世界ではなく、主に信頼する世界

です。どうか、「全能主は正しい。イエス様は正しい。聖書は正しい」という土台に立って、「幼子の

ように、ただ主に信頼し、主に聞き従って行く」
という、幼子の信仰に立って行こうではありませんか。

                                  

 定期メッセージは他にもあります。

下記のメッセージのタイトル(下線)をクリックしてください。



     2024年    
 NO.838
「たとえ排斥されても、
肉的な価値観から霊的な価値観へ」

2024年4月21日
  NO.837
「聖霊によって信じさせて頂き、
救いを戴いたので、最後まで
聖霊の導きに従う生き方をする」

2024年4月14日
 NO.836
「ダニエル書から紐解く黙示録」
2024年4月7日
 NO.835
「小羊の花嫁として、
聖なる都へ迎えられる者となる秘訣」

2024年3月31日
 NO.834
「私達の求めるところ、思うとこよりも
遙かに超えて
成し遂げて下さる全能主」

2024年3月24日
 NO.833
「主に信頼し、主が成し遂げて下さる
という信仰のあり方を
地上の現場で実践する」

2024年3月17日
 NO.832
「自分を見切るという決断の大切さ」
2024年3月10日
 NO.831
「肉に頼る意識を捨て、ただ主に頼り、主が成し遂げて下さった
という信仰を体験する」

2024年3月3日
 
 NO.830
「被いを取り除かれた顔で、
主の栄光を反映させ、
主と同じ似姿に変えられて行く」

2024年2月25日
 
 NO.829
「私たちが、全能主の為に生きて行く
生涯のあり方」

2024年2月18日
 
NO.828
「信じるとは、地上の現場で
信仰の行為を表わし続けていく事」

2024年2月11日
 
 NO.827
「永遠に生きておられる
全能主に対して生きる者」

2024年2月4日
 NO.826
「信じる者に働く全能主の力が、
いかに偉大なものかを味わう」

2024年1月28日
  NO.825
「心の関所を砕く」
2024年1月21日
 NO.824
「天に意識を向けた精錬された信仰」
2024年1月14日
   2023年  
    NO.823
「罪の肉の姿を担われたイエス様によって私たちを救ってくださった
全能主への献身」

2023年12月24日
 NO.822
「信仰は感情によらない」
2023年12月17日
 NO.821
「罪の罪過の責任を負いきった後は、
後ろのものを忘れ、前のものに向かって
懸命に努力していく」

2023年12月10日
 NO.820
「サタンの催眠術から目覚め、
全能主に立ち返る」

2023年12月3日
NO.819
「本気で信じたなら、本気で信じる信仰を
最後まで通す、一本道」

2023年11月26日
 NO.818
「信じる信仰に飛び込み、信仰の当事者
となって、日常生活の中でどこまでも
主に信頼する当たり前の生き方」

2023年11月19日
 NO.817
「人間的な知恵に依らず、全能主の善悪の判断を仰いで、残りの生涯を主に委ね、
主に信頼していく生き方」

2023年11月12日
  NO.816
「律法から解放された者として、
全能主に感謝する純な信仰を
大胆に表わして行く」

2023年11月5日
 NO.815
「自分の罪を正直に認め、責任を負ってリスクを甘んじていく純な心に立つ」
2023年10月29日
  NO.814
「自分を信じるのではなく、
全能主を信じる心を徹底し、
信仰を完全なものにする」

2023年10月22日
  NO.813
「私たちの評価は、仕事量ではなく、
『いかに全能主に忠実であったか』による」

2023年10月15日
 NO.812
「罪人であった者を
命の道に進ませて下さる全能主に、
献身の心を表わして行く」

2023年10月8日
 NO.811
「全能主の考え方に立って証する事が、
クリスチャンの生き方である」
~全能主の考え方と世の考え方の違い~

2023年10月1日
 NO.810
「天の御国の住人として、天で輝く生き方を証していくクリスチャンの信仰のあり方」
2023年9月24日
 NO.809
「クリスチャンの生き方は、聖書を
通して、地上の考え方とは全く違った
次元の考え方に改めて行く事」

2023年9月17日
NO.808
「魔物の声を完全に否定し、
全能主のみに仕えたイエス様」

2023年9月10日
 
 NO.807
「信じない者にならないで、
信じる者になりなさい」

2023年9月3日
 NO.806
「わたしのいる所に、
わたしに仕える者もいるべきです」

2023年8月27日
  NO.805
「古い自分を死に渡し、キリストによって新しく生まれた自分で生きるなら、
多くの実を結ぶ」

2023年8月20日
 NO.804
「たとえ不利になろうと、主の側に立ち、
信じる道を選択する」

2023年8月13日
NO.803
「全能主の言葉を肯定し、
心を柔らかくし、どこまでも全能主の
側に立ち、信じる心を表わしていく」

2023年8月6日
 
 NO.802
「キリストによって新しく生まれた者は、
『主に信頼せよ主が成し遂げて下さる』
という歩みを始め出す」

2023年7月30日
  NO.801
「クリスチャンの
アガペーの愛で生きるプライド」

2023年7月23日
 NO.800
「信仰が成熟した者は、
向上心を持って歩む」

2023年7月9日
  NO.799
「自分の意志による決断」
2023年7月2日
  NO.798
「信じる心とは、主権者であられる
全能主に根拠を置くこと」

2023年6月25日
 NO.797
「どこまでも主に頼り、主がやって
下さるまで信じて待つ生き方」

2023年6月18日
NO.796
「信仰の一本道を貫き通すこと」
2023年6月11日
 
 NO.795
「律法から解放された者として、
キリストを信じ仰ぐことによって
生きていく」

2023年6月4日
 NO.794
「律法の違反者に与えられた、
信仰による義とは」

2023年5月28日
 NO.793
「自分の肉を死に渡し、全面否定した上で
アオリストの救いに感謝し、
へりくだって主に信頼する献身の道」

2023年5月21日
 
NO.792
「自分の肉を徹底的に否定し、
主に信頼していく生き方」

2023年5月14日
 
 NO.791
「地上の御利益に心を向けるのでは無く
御国に心を向け、
全能主のご計画の為に使って頂くこと」

2023年5月7日
 NO.790
「自分を徹底的に否定し、
自分の十字架を負って、
主に従って行く姿を、主は見られる」

2023年4月23日
 NO.789
「刈り入れの時まで、
主を信頼する心を持ち続けること」

2023年4月16日
NO.788
「自分の考えを引いて全能主の考え
(聖書)に立ち、新しい命に基づく、
新しい考え方を始める」

2023年4月9日
 
NO.787
「自分ありきではなく、
全能主第一の一途な心を持って、無条件で全能主に従い、全能主の御国に帰ること」

2023年4月2日
 
 NO.786
「全能主に対して尊敬と
へりくだりの心を持って従う」

2023年3月26日
 NO.785
「全能主の為に生き、
全能主の為に自分の命を使う」

2023年3月19日
 NO.784
「全能主の義と全能主の国を
第一に求めて行く、信仰の一本道」

2023年3月12日
 NO.783
「純な信仰の世界に入る決断をし、
全能主の御心の中に生きていく」

2023年3月5日
 NO.782
「たとえ出来ないと思っても、
信じるが故に行動する純真な心」

2023年2月26日
 NO.781
「真理の二面性を理解し、
主に信頼し、信仰の努力をする」

2023年2月19日
 NO.780
「見るところを変え、考え方を切り替え、
信じる者の前向きな生き方を始め出す」

2023年2月12日
 NO.779
「心の壁を破り、
どこまでも全能主に従っていく」

2023年2月5日
 NO.778
「前のものに向かって
懸命に努力していく」

2023年1月29日
NO.777
「信じた者として、尚更
本気で信じる歩みと、
「あるか、ないかの」からし種の信仰」

2023年1月22日
 
 NO.776
「全能主を信頼し、信仰を追求し、
信仰の炎を燃やす」

2023年1月15日
 
NO.775
「心の転換を図るバプテスマ」
2023年1月8日
 
2003年~2022年  
   2022年礼拝メッセージ 2021年礼拝メッセージ
 2020年礼拝メッセージ 2019年礼拝メッセージ  2018年礼拝メッセージ 
2017年礼拝メッセージ  2016年礼拝メッセージ   2015年礼拝メッセージ
2014年礼拝メッセージ 2013年礼拝メッセージ 2012年礼拝メッセージ 
 2011年礼拝メッセージ  2010年礼拝メッセージ 2009年礼拝メッセージ
2008年礼拝メッセージ 2007年礼拝メッセージ 2006年礼拝メッセージ
2005年礼拝メッセージ 2004年礼拝メッセージ  2003年礼拝メッセージ 

全能主のことばは生きていて、力があり、

両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、


関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、

心のいろいろな考えやはかりごとを

判別することができます。

      【ヘブル4:12】

 
 *メニュー
      * 教 会 案 内
      * 牧 師 紹 介
      * 定 期 集 会
      * 特 別 集 会
      * 定期メッセージ
      * ショートメッセージ
      * 福 音 の 話
      * 行       事
      * 教 会 新 聞
      * 掲  示  板
      * リ  ン  ク
      * 事  務  室