教 会 案 内 牧 師 紹 介 定 期 集 会 特 別 集 会
定 期 メ ッセージ  シ ョ ー ト メッセージ 福 音 の 話
行   事 教 会 新 聞 掲 示 板 リ ン ク 事 務 室


2020年7月5日

絶対主を信頼し、絶対主に対して    
      心(あふ)れる信仰を全うしていく


コロサイ人への手紙3:5~11


(起)コロサイ3章5~11節の御言葉から、「私たちが求められている信仰は、どこまでも

絶対主を信頼し、絶対主に対して心(あふ)れる信仰を全うして行くことだ」ということを、

学んで行きたいと思います。



(承)さて、コロサイ3章5節からの内容を見て行きますと、私たちにとって非常に厳しい

戒めの御言葉が記されています。まず5節を見ますと、「あなた方の地上の体の諸部分、

すなわち、姦淫、不道徳、情欲、下品な欲望、また貪欲を殺してしまいなさい」とありますが、

これらは罪の肉の性質を抱えた人間には、誰の内にもある肉の部分です。それを「殺してしまいな

さい」と言われても、私たちにとっては難しいことです。確かに、3章1~4節までを見ますと、

「あなた方は既に死んでおり、キリストと共に甦らされたのです。ですから、上にあるものを仰ぎ

続けなさい」とあるように、私たちはイエス・キリストの故に律法から解放されました。しかし、

だからといって、イエス・キリストを信じた瞬間に私たちの罪深い肉が取り去られて、「古い人を

その行いと一緒に脱ぎ捨てた」(3章9節)という訳ではありません。これは、実に悲しい現実

です。


(転)では、私たちはこの御言葉をどのように理解したら良いのでしょうか。一つはっきり

言えることは、私たちが抱え込んでいる罪深い肉の性質、即ち魔物は、命を閉じた後キリストに

よって天に挙げて頂く時に初めて取り去られるものであって、この地上で生きている間は決して

なくなるものではありません。なぜなら、キリストの救いは、アオリスト形だからです。アオリス

ト形は過去に起こったことですが、ギリシャ語の時制では時の流れは関係がありませんので、

現在の状況如何に関わらず、私たちは「過去に成されたキリストの贖いの故に、罪赦されている」

という事実があります。しかし、今現在、罪人であることには変わりはありません。しかし、

だからと言って、ここに記されている御言葉、すなわち3:8節「怒り、憤り、恨み、(そし)り、

口から出る恥ずべき言葉を、捨ててしまいなさい」という御言葉を否定することは出来ません。

もしこの御言葉を否定してしまったら、私たちは魔物の心を肯定することになり、放縦な生活を

送って、悪魔に付き従う者になってしまいます。それはあってはならないことです。だから、

魔物を抱え込んでいる罪人にとって、このような御言葉は必要なのです。しかし、私たちがこの

御言葉を
受け留めて行くには、戦いが必要です。すなわち、魔物を抱え込んでいるという現実が

ありますので、その事実を受け止めつつ、()えてそれを容認せず
絶対主を見上げ絶対主の

御心の中に生きて行こうとする心
は必要です。絶対主は、その心を見ておられるのです。決して、

「これをしてはいけない」「あれをしてはいけない」という外側の行いを見ておられるのではあり

ません。ここを間違えてはいけません。もし、行いという一面だけで測られてしまったら、

私たちは罪を犯し続けている現実もありますから、私たちは救われる望みが断たれてしまいます。

ところが、この地上にあって絶対主が見たいものは、
信仰なのですそれは、罪人であるが故に

葛藤を覚えながらも、惨めな姿を覚えつつも、それでも上を見上げて行く信仰の心です。それを

現したのがジョージ・ミュラーさんでした。彼は生まれながらに立派な人物であり、生まれながら

に絶対主を信頼している人だったのかというと、そうではありません。彼は自分中心で、嘘を

ついてでも自分の楽しみの為にお金を使おうとする、肉の性質の虜に(とりこ)なっていた人です。

しかし、そんな彼が心を変えて、自分の思い通りにせず、
どこまでも絶対主を見上げ、絶対主を

信頼して行くという方向に変えたのです
。それはただの外側の行いではなく、彼が絶対主を

信頼するという心に変えたが故に、心からそのようにした信仰の行いです。だから、絶対主は

わざとらしい外側の行いを求めているのではなく、「どこまでも絶対主を信頼する」という所から

出る純粋な信仰の行いを見たいのです。例―イサクを献げるアブラハムの信仰の行い。



(結)こういうわけですから、今回お読みしたコロサイ3章の御言葉は、魔物を抱え込んだ

罪人だからこそ、絶対主を見上げ、絶対主を信頼するという「心」を使って歩んでいくことを

教えようとした、絶対主の厳しい御言葉なのです。もし、キリストを信じた瞬間に魔物の心が

一切取り去られていたら、心を尽くさなくても、形だけで行いを表すことも出来たでしょう。

しかし、そうではなく、魔物がいるからこそ、絶対主を見上げ、「どこまでも絶対主に頼って

行く」という「心」を動かさなければならないのです。
そこには信仰が必要です。絶対主はその

信仰を見たいのです。どうか、どこまでも絶対主を信頼する心を表し、(あふ)れる信仰を全うして

行こうではありませんか。


 *メニュー
      * 教 会 案 内
      * 牧 師 紹 介
      * 定 期 集 会
      * 特 別 集 会
      * 定期メッセージ
      * ショートメッセージ
      * 福 音 の 話
      * 行       事
      * 教 会 新 聞
      * 掲  示  板
      * リ  ン  ク
      * 事  務  室